株式会社NTS通信サービス

tel 097-546-1161フリーダイヤル0120-087-182

スタッフからメッセージ

情報通信事業部 大分支店

大学卒業後、この会社に入社して4年目に入りました。

情報通信事業部に所属し、日々お客様の通信環境のコンサルティングと業務効率の御提案を行っています。

営業職なので商談をしてご契約を頂くことを目的としていますが、これまでの経験や先輩方のアドバイスで、商談をさせて頂くまでの過程がとても大切だと言うことに気付き、「お客様のことをもっと知りたい」「仲良くなりたい」「ご協力・手助けをしたい」「慕ってほしい」などを私は意識して取り組んできました。

初めて受注を頂いたときも、しっかりとコミュニケーションをとり、お客様のお困りごとを親身に考えながら一生懸命御提案した内容が採用され、本当に嬉しかったです。

逆に、辛くなったり落込んだりする事もありましたが、自身の成長を図るためには、避けて通れない道だと思って毎日頑張っています。

チャレンジをしているからこそ壁に当たり、そのチャレンジが成長の種に変わると信じて努力を重ねていますが、本当に困った時には、経験豊富な先輩方より的確なアドバイスをもらいながら前進し、今ではたくさんのお客様を担当させて頂いております。

私もまだまだ未熟ですが、目の前の現実から目を背けずに頑張っていれば、必ずチャンスがあると信じています。

後輩が出来た際には、一緒にチャレンジして、色んな情報を共有して、楽しく頑張りたいと思っています。

移動体事業部 ドコモショップ

社会人になって、私の環境が大きく変わる出来事がありました。

それは結婚と出産です。

1人目を妊娠した時に、退職するか産休をとるか迷いました。

上司に相談した際に、過去の事例では退職された方のほうが多いと聞いていたので、やはり仕事と育児の両立はは難しいんだろうかと悩みましたが、人間関係も良く、楽しい職場だったので辞めたくないと思い、私は産休を選びました。

産休を終え、仕事復帰してからは、子供の体調不良などにより上司やスタッフのみんなに、度々迷惑をかけてしまっています。それなのに、いつも「大丈夫?」と気遣いの言葉をくれたり、「大変だね」と優しく声をかけてくれる仲間がいます。その度に私は、周りのみんなの協力と理解により支えられているんだと感謝の気持ちで胸がいっぱいになります。

そんな優しい仲間と職場に恵まれている私は、現在2児の母となり、今もなお正社員としてお仕事を続けることができています。

結婚や出産に携わる年代の女性スタッフが多く働く職場だからこそ、これからもっとママスタッフ仲間が増えてほしいと思います。

移動体事業部 ドコモショップ

── ショップの仕事とは、どんな仕事ですか?

門田「 携帯電話を1人1台持つことが当たり前になっている現代に、私たちの仕事は欠かせないものだと思います。 ドコモショップで働く私たちが、携帯電話とお客様を繋ぐかけ橋なり、ご来店いただいたお客様のご希望や不安・疑問点などを少しでもくみ取れるよう、日々努力し学んでいます。」

岡田「 お客様が快適に携帯電話をご利用いただけるよう、プランやサービスをご提案させていただいております。 お客様1人1人、生活習慣や趣味など異なりますので、お客様と会話をし、その中からお客様に合ったサービスをご提供しています。」

── 仕事にやる気を感じる瞬間は?

門田「 私は、お客様から感謝の言葉をいただいた時がとっても嬉しいですね。 応対したお客様が自分のことを覚えてくださってたり、私宛に訪ねてきてくださったりすると感動します。」

岡田「 そうですね。お客様に喜んでもらえると、この仕事やってて良かった!って思いますよね。 あと僕は、スタッフ全員で目標達成できた時にやりがいを感じますね。」

門田「 やっぱり1人で頑張るよりも、皆で1つのことに取り組んで達成した時のほうが嬉しいよね。」

岡田「 スタッフ同士の仲が良いからこそ生まれる団結力ですよね! それに、自分がうまくいってない時に、周りのスタッフがアドバイスしてくれるので諦めずに頑張れます。」

門田「 職場が楽しくないと仕事に対するモチベーションも上がらないから、一緒に働く仲間って大切だよね。」

── この仕事に就いて、自分はどのように成長しましたか?またどの様に成長したいですか?

岡田「 入社した当初は、覚えることが色々あって不安な気持ちもあったんですけど、同期の仲間や先輩方が支えてくださったおかげで、今では1人で受付ができるまでに成長しました。」

門田「 私は高校卒業してからずっとここでお仕事させていただいてますが、一般常識、仕事に対する心構えだけでなく、仕事を通して色々なことを経験させていただいたことにより、社会人・スタッフとしてだけでなく人間としても大きく成長させていただきました。」

岡田「 今は自分のことで精一杯ですが、今後は自分のことだけでなく周りに気を配れるようになり、後輩の指導や相談ものれるような先輩になりたいです。」

門田「 私は今後も、新人の頃の仕事に対する向上心を忘れず、大切なお客様と可愛い後輩たちに信頼されるスタッフになれるよう、日々学び成長していきたいです。」